出会い系サイトでのアプローチで自慢話はNG

出会い系サイトでアプローチをするとは、相手に自分のいいところを知ってもらう事です。しかしこのアプローチの方法が間違ってしまうと、ただの自慢話となってしまい、好印象どころか悪印象を相手に与えてしまいます。

例えば女性はいい大学を卒業して、大企業に就職している男性は魅力的に思う人が多いでしょう。いい大学=頭がいいという事ですし、大企業=経済力があると見なされるためです。

また東大クラスになると、小さい頃から塾に行くなど実家が経済力があるお金持ちの家庭の確率が高くなります。そのためさらに結婚相手の条件としてはよくなります。ですが、自分の出身大学や自分の会社の自慢話ばかりでは、ただの自慢話ですし、凄いのは大学であり会社であって、自慢しすぎは嫌味になってしまいます。

付き合う相手の性格の良さも重要なポイントとなってくるので、プロフィールに簡潔に書く程度であれば問題ありませんが、聞かれてもいないのに自分からペラペラ話すのは得策ではありません。

むしろ仕事で自己アピールしたいなら、今自分がこんな仕事を頑張っているというふうに、努力しているところをアピールした方が好感度がアップするでしょう。また真剣な出会いを求めている場合に、大学名や大企業につられて近づいてくる女性というのもお金目当てで問題ありな女性の可能性もあります。

そのため、大企業でソニーと記載せずに、半導体の会社で働いていますと会社名を濁した方が賢明です。

【オススメサイト】 無料の出逢いサイト~仕事で忙しい社会人の出逢いを応援~

ˆ Back To Top